院長・スタッフ紹介

波多野 久昭/医師
ノア・ウィメンズクリニック院長

メッセージ

画像:ノア・ウィメンズクリニック院長 波多野 久昭

 人は皆、顔が違えば、人生も違います。妊娠・出産という願いは同じでも、社会環境、家族構成、人生の価値観、抱えている重荷など、人それぞれ異なります。人はそれぞれ自分の人生を歩んでいます。貴方という人は、過去においても、現在・未来においても、ただ一人、かけがえのない存在です。
 医療はそのオンリーワンの人を対象にしています。診療に際しては、その人の生活に合わせた治療方法まで考慮することが大切です。もちろん限界はありますが、可能な範囲内で対応することが求められます。一人一人の生き方に配慮した、最適な診療が行えることを願い、そのように努めていきたいと思います。 

経歴

昭和54年
日本医科大学卒業 日本医科大学付属病院産婦人科学教室入局
(悪性腫瘍の免疫療法・胎児発育不全の研究や治療)
昭和61年
ハンブルク大学婦人科学教室留学
(胎盤の生理学の研究)
平成2年
日本医科大学婦人科学教室講師
平成3年
飯田市立病院産婦人科科長
平成8年から体外受精を開始。
平成17年
ノア・ウィメンズクリニックを開院

所属学会

日本産科婦人科学会
日本生殖医療学会
日本不妊カウンセリング学会

資格

日本産科婦人科学会専門医
日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー

院長自身の思いを綴っていますので、ぜひご覧ください。

院長のコラム「方舟便り」はこちら

スタッフ紹介

患者様の不安やお悩みに時には真剣に、時には笑顔で対応することを心がけております。

常勤スタッフと非常勤医師数名で皆様の治療に全力を注いでいます!

胚培養士スタッフより

私たち胚培養士は、患者様の大切な胚(受精卵)・配偶子をお預かりし、お世話をさせていただいております。それらは顕微鏡がないと見えないくらい小さく、名札もついていないので、取り違えのないよう重々気をつけると共に、常に命であるという意識を大事にしています。
普段は3Fにいるため、患者様にお会いする機会は少ないですが、一番大事な胚・配偶子をお預かりする身として、患者様に寄り添えるよう相談業務も行っております。
一人でも多くの患者様が満足していただけるような医療を目指して、先生や他のスタッフとタッグを組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

保有資格

  • 日本卵子学会認定 生殖補助医療胚培養士
  • 日本不妊カウンセリング学会認定 体外受精コーディネーター
  • 日本生殖心理学会認定 生殖医療相談士

看護師スタッフより

当院では不妊治療でいらっしゃる患者様が多くを占めています。不妊治療は、身体だけでなく、心の負担も大きいものです。また、婦人科自体、世の女性にとって、とても敷居の高いところであると感じています。私たち看護師は、患者様が、気持ちよく不安が少なく不妊治療・一般治療・更年期治療を受けられるよう努力していきます。
治療で聞き逃したことはありませんか。ちょっとした質問はありませんか。そのような時に気軽に声をかけていただけるような雰囲気作りをさらに心がけていきたいと思います。
一緒に頑張っていきましょう。

受付スタッフより

ノアの入口であり出口である私たち受付は、患者様に最初にお会いするスタッフとして、笑顔でお迎えし、また診察終了後、治療がつらかったときでもそのつらさを少しでも和らげられるよう笑顔でお見送りすることを大切にしながら、患者様が少しでも安心して通院していただけるよう日々努力しております。
また、完全予約制といえど、当院はお待たせする時間が長い場合がございます。その待ち時間が少しでも快適に過ごせる待合室を常に目指し、日々改善に取り組んでおります。お一人でも多くの患者様の希望が叶いますよう心より願っております。


このページの先頭へ

相談・お問い合わせ web診療予約