診療・費用案内

不妊以外にも、女性特有の
いろいろな悩みに対応しています。

  • 不妊外来
  • 婦人科検診
  • 妊婦検診
  • 更年期外来
  • 漢方外来
  • 施設・設備案内


不妊外来

画像:不妊外来

いろいろな検査(ホルモン検査、卵胞チェック、通水検査、精液検査など)を行い、状態を確認しながら治療を進めていきます。
当院では、タイミング療法、人工授精から、体外受精・顕微授精・受精卵凍結保存まで行っております。ご相談のある方は、ご遠慮なくご連絡ください。
さらに腹腔鏡検査など、内視鏡手術が必要な場合は、専門の施設に紹介させていただきます。

自由診療費用のご案内

不妊外来では一部が自由診療となっております。主な検査や治療の費用をご案内します。
詳しい料金表もご用意しております。
料金表ダウンロード (64kb)
※2回目は5,000円引き、3回目は10,000円引きとなります。

排卵誘発
クロミッド法 約20,000~30,000円
クロミッド+注射(hMGなど) 約40,000~50, 000円
ショート法またはロング法 約\100,000円
採卵
採卵できた場合 1回目:100,000円
2回目:95,000円
3回目:90,000円
採卵できなかった場合 50,000円
培養
2日間(初期胚まで) 1回目:60,000円
2回目:55,000円
3回目:50,000円
3日目以降(胚盤胞まで) 1回目:80,000円
2回目:75,000円
3回目:70,000円
受精しなかった場合 30,000円
顕微授精
卵2個まで 30,000円
卵3個以上 1回目:60,000円
2回目:55,000円
3回目:50,000円
精子賦活化処理 5,000円
卵子活性化処理 5,000円
胚移植
胚移植 1回目:60,000円
2回目:55,000円
3回目:50,000円
2段階法・SEET法 1回目:80,000円
2回目:75,000円
3回目:70,000円
SEET用培養液凍結 2,000円
アシステッドハッチング 25,000円
頚管拡張 1,000~2,000円
胚融解
凍結胚2個まで 20,000円
融解時変性の場合 10,000円
妊娠判定検査
妊娠判定検査(尿)(体外受精時のみ自費) 3,500円

特定不妊治療の助成金制度について

不妊治療のうち、医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」という)について、治療に要する費用の一部を自治体に助成してもらえる制度です。
ノア・ウィメンズクリニックでの特定不妊治療を行った場合、助成を受ける要件を満たしているご夫婦であれば、ご自宅の住所が川崎市以外の場合でも、神奈川県内および東京都の自治体に申請することが可能です。申請される方は、治療期間終了後に各自治体の申請用紙を受付にお持ちください。お渡しできるまでは、1週間~10日程お時間を頂きます。
申請期間は、自治体によって異なるので、ご注意ください。また、治療期間中の領収証が必要となりますので、紛失にご注意ください。(再発行は出来ません。)
受付では、川崎市の場合のご案内用紙をお渡しすることができます。(申請用紙ではありません。)

※外部サイトにリンクします



婦人科検診

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・性行為感染症(クラミジア・淋病)など、婦人疾患の診断や治療を行います。また、子宮がん検診も行っております(川崎市の行っている子宮がん検診も承ります)。
CTやMRIなどの精密検査や手術が必要な場合は、提携している日本医科大学武蔵小杉病院などを紹介いたします。



妊婦健診

妊婦さんの定期健診を行います。毎回、エコーで胎児の発育の様子を観察し、異常がないかチェックします。妊娠中の不安や悩み事もご相談ください。
当院では分娩は扱っておりません。妊娠20週までは健診をさせていただきますが、21週以降は分娩を希望される施設(病院)へ紹介させていただきます。
※初診の妊婦健診はお断りさせていただいておりますので、ご了承ください。



更年期外来

女性ホルモンの減少とともに、更年期症状だけでなく骨粗鬆症や動脈硬化も進んできます。
快適な更年期を過ごしていただくために、症状や希望にそって漢方薬やホルモン剤などを処方いたします。



漢方外来

病気でなくとも、デリケートな女性の体は体調不良を訴えることがあります。
月経不順や排卵期出血、月経前緊張症などに漢方薬が有効な場合がよくあります。
気になる症状があるときはいつでもご相談ください。



施設・設備案内

院内紹介

画像:受付

受付

受付は、自動チェックイン機が設置してあります。

画像:待合室

待合室

待合室は、みなさまにくつろいで頂くようソファが並んでいます。

画像:箱舟ノート

方舟ノート

待合室奥には、スタッフと患者様が自由に書き込める「方舟ノート」があります。

方舟ノートを詳しく見る

画像:採精室

採精室

精液検査・精子凍結・人工授精・体外受精の際に、ご主人が精子を採取する部屋で、院内に一箇所です。ご自宅で採取するか院内で採取するかは選択可能です。

画像:診察室①

診察室①

内診エコーの映像を患者様と共に確認しながら治療を進めていきます。

画像:診察室②

診察室②(内診室)

通常の内診、人工授精までの処置は、2Fにある内診台で行います。

画像:処置室①

処置室①

3Fの処置室では、採卵・胚移植などを行います。

画像:処置室②

処置室②

子宮鏡検査も行っています。
子宮内にできた子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮奇形や癒着の有無などを確認します。

ラボ(培養室)紹介

画像:エアーシャワー

エアーシャワー

ラボの入口には、エアーシャワーを配置しており、ラボ内のクリーン度を保つ工夫をしています。

画像:インキュベーター 画像:インキュベーター

インキュベーター

患者さまの胚や配偶子を培養する機器です。
患者様ごとに個別培養が可能な無加湿インキュベーターと小型の加湿インキュベーターを使用しています。

画像:実体顕微鏡 画像:実体顕微鏡

実体顕微鏡

2種類を用意。どちらも卵操作に使用します。メインで使用する大型のものは、モニターがついていて、ダブルチェックや、新人トレーニングに役立っています。

画像:倒立顕微鏡

倒立顕微鏡

顕微授精やアシステッドハッチングに使用します。
顕微授精の際、紡錘体を見たり、通常より高倍率で精子を選択するシステムも導入されています。

紡錘体についてはこちら

画像:凍結タンク

凍結タンク

患者様の受精卵や精子が凍結保存されています。


このページの先頭へ

相談・お問い合わせ web診療予約