初めての方へ

当クリニックで診療・治療を受けていただくために
知ってほしいことをまとめました。

不妊治療を主軸とするクリニックです。

画像:不妊外来

女性の悩み・疾患は、単に肉体的な病気だけではありません。例えば、女性の特権である妊娠に関して考えれば、子宝に授からなければ不妊を悩み、妊娠に至れば児の無事を心配し、出産されれば育児に戸惑う…まさに女性の一生は波乱に満ちたものです。
当院は、大学病院(日本医大武蔵小杉病院)の目の前という利便性を生かし、病院と綿密な連携をとることによって、多くの女性の方の悩みや疾患に対応しています。とくに大学病院では行っていない体外受精に力を入れています。

不妊治療を中心とした診療を行っておりますので、初診の妊婦の方の診察(妊娠判定も含む)は、お断りさせていただいておりますので、ご了承ください。

一人の患者様にじっくりとお話を聞き、
時間をかけて診療するために完全予約制

ノア・ウィメンズクリニックは、時間をかけて十分な診療ができるように、完全予約制にしています。
それは患者様の抱える不安や悩みをじっくりと聞き出し、最適な治療選択を説明し、ご納得いただいてから治療をおこなうためです。
しかし、診療を希望される方が多いため、予約であるのに、長くお待たせすることがあります。
理想に向けて努力しておりますので、どうかご理解をお願いいたします。

受付時間
午前 10:00~13:00 不妊
外来
午後 15:00~19:00

【休診日】水曜午後・金曜午前・第4週土曜・日曜祝日

当クリニックからのお願い

患者様にとって最適な治療法を選択するため以下のものの持参をお願いしております

  1. 健康保険証
  2. 基礎体温表
  3. 他の病院や健康診断での検査結果
  4. がん検診結果

※ご用意できなくても問題はございません。

不妊治療をご希望の方へ
できればご夫婦・パートナー同士でご来院ください

不妊の原因は女性にも男性にもそれぞれ30%~40%あるといわれています。しかし原因が不明の場合もありますし、複数考えられる場合もあります。ご夫婦・パートナーと一緒に診察させて頂くことをお願いしております。
ご本人様だけでも問題はございません。

診察・治療の流れ

Step01ご予約

当クリニックは完全予約制です。以下よりご希望の日時でご予約をおとりください。

お問い合わせ電話番号

  • 電話からのご予約・相談・お問い合わせ
    044-739-4122 電話予約

受付時間10時~19時(13時~15時を除く)
※水曜午後・金曜午前・第4土曜休
番号のお間違えがないようにお願いします。

ご予約はこちらから

  • ご予約専用自動応答電話番号
    050-5578-9438 自動応答電話予約

音声ガイダンスに従ってプッシュボタンを押してください。
通院されている方:卵胞チェック・精液検査・精子凍結のみ
初めての方:不妊治療希望者のみ とさせて頂いております。

Step02受付・問診票記入

ご予約時間の15分前にはご来院をお願いします。受付前にある自動チェックイン機にて受付を済ませた後、受付スタッフへ保険証をお出しください。
問診票は、問診票ダウンロードよりダウンロードして頂きましてご記入の上、ご持参頂きますと、お待たせ時間の短縮になりますので、ぜひご利用ください。

不妊治療問診票ダウンロード (409KB)
婦人科治療問診票ダウンロード (383KB)

Step03診察・検査

ご予約時間に来院された方から順番におよびいたします。ただし診察内容によっては多少順番が前後することがあります。

また、同時刻に複数名のご予約を承っておりますので、必ずしも予約時刻に診察が行われないことをご了承ください。

Step04治療方法の説明

問診の後、必要があれば内診室にてエコーを見ます。

Step05お会計

診察後、待合室にてお待ちください。お会計時、お名前でおよびしますので、呼ばれた方は会計にいらして下さい。


「方舟ノート」や「お茶会」で交流、お互いの理解を深めています。

ノアの方舟ノートは、患者さまとノアの院長、スタッフが自由に書き込める、待合室に置いてあるノートです。

赤ちゃん待ちの患者さまがとても多くいらっしゃる中、
「こんなに妊娠しないのは私だけかも」
「流産繰り返すのは私だけかも」

などなど誰かに話したいのに話せない方。

そして
「ステップアップしたいけれど、どんな感じなのか聞きたいな」
「処置はどうなのかな、他の夫婦はどんな感じかな」

などなど誰かに聞きたいのに聞けない方がとても多くいらっしゃることを感じ、このノートは作られました。

また、待合室のお子さんを見かけて不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしそのお子さんは、治療の末にやっとできたお子さんだったり、という背景がある場合も少なくありません。

そのような患者さま同士の相互理解を深める場としても使用していただきたいと思っています。
この方舟ノートによって患者さま同士、患者さまとスタッフ同士がつながり、みなさまの心の支えのお手伝いが出来れば、と思います。

待合室にいらしたら是非目を通してみてくださいね!

また、方舟ノートの延長として、患者さまとスタッフで行うお茶会も不定期ではありますが、開催しています。こちらは院内掲示にて随時お知らせいたします。


このページの先頭へ

相談・お問い合わせ web診療予約