当院の培養室について

培養室業務

体外受精(conventional IVF: cIVF)

卵子と精子を同じ培養容器のなかで培養し、精子の力で卵子と受精させるため、自然に近い受精方法です。
精子の力に頼るため、精子の濃度や運動率などが良好な方が適応となります。

顕微授精(intracytoplasmic sperm injection: ICSI)

1つの精子を極めて細いガラス管を用いて卵子に注入する方法です。
精液の所見が悪い方や体外受精で受精しない方が適応となります。

顕微授精の成功率を高めるための取り組み

「IMSI」
通常の顕微授精よりも高倍率で精子を観察しています。これにより、良好な運動精子だけでなく、良好な形態および細胞質を持つ精子を顕微授精に用いることができます。

「紡錘体可視化による顕微授精」
精子と卵子が受精するためには精子の中心体、卵子の紡錘体といわれるものが必要です。
当クリニックでは顕微授精の際に卵子の紡錘体を可視化できるレンズを用いています。そうすることで、顕微授精の際に紡錘体を損傷してしまうことを防ぐことができます。また、紡錘体を観察することで、卵子が受精の準備が整っているかということも視覚的に観察することが可能となっているため、受精率の向上に寄与しています。

胚の凍結保存

受精卵(胚)を5~6日間培養し、胚盤胞となった胚を移植するまで凍結保存します。

胚移植

薬剤によりホルモンを補充し、子宮内膜が適切な厚さになったところで胚の移植を行います。凍結保存していた胚は移植当日に融解し、移植まで培養庫にて回復培養を行います。

胚孵化補助(Assisted Hatching: AH)

胚が着床するためには、自身を覆う透明帯という殻から自らの力で脱出しなくてはなりません(Hatching)。しかし、培養中~移植までにHatchingできない胚も少なからず存在します。そこで、レーザーによって人工的に透明帯に切れ込みを入れることで、胚がHatchingするための補助、すなわちアシストを行います。 患者様と医師との相談の元、移植にて反復不成功であった場合などに適応されます。


AH施行中

AH 5時間後

培養室の取り組み

検体取り違えの防止

取り違えのミスをなくすために、当院では検体の移動の際に培養容器の患者様の情報を複数のスタッフにてダブルチェックしています。

培養室の設備とシステム

最新の設備が整っていてもシステムが整っていなければ十分に運用することができません。また、時間的、作業的な無駄は成績にも悪い影響を与えます。例えば、培養庫から必要以上に胚を取り出すことは胚の発育を阻害します。 従って、設備を効率的に運用するシステム作りを行うことで、培養成績の向上に努めています。

培養液について

当院では最新の培養液を導入しています。しかし、培養液が成績に与える影響も少なくありません。そのため、培養液毎に徹底して複数回の試験を行い、成績が基準を超えたもののみ導入しています。

治療のオーダーメイド

患者様にとって最適な方法を提案するため、患者様の卵子の状態、精液検査、前回の治療結果を考慮し、Drとディスカッションを行っています。

培養技術の安定化と研鑚

培養技術には個人差が出ることも少なくありません。そのため、当院では熟練の培養士も含め成績の管理を徹底し、毎月スタッフごとに成績をモニタリングしながら指導しています。
また、学会やセミナーにも積極的に参加することで、新たな知見や技術習得、既存の技術の向上にも力を入れています。

スタッフの教育

技術の習得は技術毎に習熟したスタッフの審査を含め、厳しい基準を設けていますので、実施合格するまでに多くの研修を積んでいます。

  • バナー:pregna
  • バナー:Adadaサプリ
  • バナー:スタッフ募集
  • バナー:SEED POD


このページの先頭へ

相談・お問い合わせ web診療予約