方舟便り

波多野久昭/ノア・ウィメンズクリニック院長

日常の診療を行っていて感じたことなどをつづっていきます。

クリニックの名称について

クリニックの名称「ノア」の由来は、皆さんもご存じ、聖書に出てくる「ノアの箱舟」の「ノア」です。

初めに神に創造されたアダムとエバは、神に背き、エデンの園を追放されました。人類は増えましたが、神から離れた人間社会は堕落と暴虐に満ちていました。神は地上の悪を一掃するために、洪水を起こすことにしました。

しかし、神を信じ、神に従うノアは神の目に適う人でした。神はノアに命じて箱舟を造らせます。ノアは雨も降らず、洪水の予兆もない時に、ただ神の言葉を信じて箱舟を建造します。そしてノアと、その三人の息子と、その妻たちの八人だけが箱舟によって洪水から助け出されます。現在の私たちは、皆、このノアの子孫です。三人の息子は、白人、黒人、東洋人の先祖になります。

ノアは洪水が収まり、乾いた地が現れたかどうかを知るために鳩を放ちます。鳩がオリーブの若葉をくわえて持ち帰ったのを見て、洪水が引いたことを確認します。また、神は二度と洪水で人を滅ぼすことをしないと約束され、その契約のしるしとして虹を立てます。

クリニックのロゴマークには、このノアの物語に出てくる、箱舟、鳩、虹が描かれています。

名称をノアにした理由は二つあります。一つは、現在の人類はすべてノアの子孫であるということです。様々な国や人種があっても、ルーツは一つであるということを知っていただきたいと思ったからです。人類は皆兄弟であるということは事実です。

二つ目は、この名前を聞いて、多くの方が聖書に興味を持ってくださることを期待したからです。箱舟によって洪水から救われたことが、イエスキリストの十字架の救いを信じて受ける洗礼のひな型になっています。聖書は旧約・新約を通して、一貫したテーマについて書かれています。また、聖書は天地万物を創造された神から、人類に宛てたラブレターともいわれています。皆様が、聖書を読んでくださることを心から願っています。

最新のコラム一覧へ戻る


このページの先頭へ

相談・お問い合わせ web診療予約